産後 顔のシミ

産後に顔のシミが増えてくる原因と予防方法

楽しくも不安な妊娠期を経て出産し、大変なことは多いながらも充実した日々を送っていたはずが、ある日鏡をじっくりと見たら何となく老けて見える、と感じたことがある人も多いでしょう。それはもしかしたら、シミが増えているからかもしれません。

 

一言でシミと言っても種類があることをご存知でしょうか。特にホルモンバランスの影響を大きく受けている産後には、大きく原因が異なっている2種類のシミが存在します。今持っているシミが何なのかを的確に知ることで、対処法もわかるのです。

 

産後にできやすいシミの種類

 

妊娠性肝斑

 

まずは妊娠性肝斑と呼ばれるもので、妊娠性肝斑は妊娠中に増加するホルモンの影響が原因であるため、紫外線を浴びなくても出来るシミです。特徴としてはシミの輪郭がどこなのかハッキリしない、左右対称に広い範囲でぼんやりと浮かぶようにできている、頬骨沿いやこめかみ、口の周囲にできる、季節によってシミの濃さが変わる、などです。

 

これは妊娠を継続、維持するために必要なプロゲステロンというホルモンがメラノサイトを刺激することで、肌のメラニン生成を活発にしてしまうので現れます。ホルモンの影響なので、顔だけでなく体中にシミが現れて濃くなることもありますので、特徴を踏まえて妊娠性肝斑であるのかを判断しましょう。

 

老人性色素班

 

老人性色素班は一般的にシミと呼ばれるものです。主な原因は紫外線によるダメージですが、特徴としてはシミの輪郭がハッキリしており、円形のものが多く、薄茶色をしていて、左右非対称、シミの濃さは季節には影響されない、などです。

 

これはある程度年齢を経ると誰でも出来るものですが、妊娠中や出産後は何かと刺激に弱く、肌も刺激に弱くなることが多いためにそれまでのように紫外線ケアをしていない方も多くなります。その為紫外線にさらされた肌にシミとして現れてきます。

 

そしてそれまでの自分と同じことが出来ない妊娠中や産後は、何かとストレスも溜まりやすくなります。老人性肝斑はストレスが原因にもなりますので、産後には増えやすくなってしまうのです。

 

産後のシミのケア、消す方法は?

 

シミを薄くするための美白化粧品は世の中にたくさん出ていますが、メラニンを生成するメラノサイトまで作用させることは外側からのアプローチでは難しいのが現実です。

 

そのため、シミのケアは外側からだけでなく内側からも必要なのです。おすすめなのは血液を介して皮膚の色素沈着を抑制する働きがある成分を口から取り入れることです。内服薬ではトラネキサム酸という成分は肝斑に効果があると言われています。

 

ただし、産後も授乳中はサプリメントや医薬品などでインナーケアをすることにも制限がありますから、先に担当の医師と相談して下さい。妊娠性肝斑はホルモンが原因ですから、早い方では産後の2ヶ月頃からホルモンバランスの安定を取り戻せることもあり、その場合は自然と肝斑も薄くなっていきます。

 

3ヶ月ほどは様子を見てから、それでもシミが消えない、気になるという時には医師に相談して内側からのアプローチを試みて下さい。

 

シミケアでやってはいけないこと

 

妊娠性肝斑は一般的なシミには効果的なレーザー治療は出来ません。ホルモンバランスが原因なので、レーザーで刺激を与えると益々肝斑が悪化してしまいますからやめておきましょう。

 

マッサージや洗顔などで肌に刺激を与えることも悪化の原因になりますから、あくまでも優しくケアすることが必要です。どちらのシミにも紫外線や日焼けは厳禁です。季節に関わりなくいつでも日焼け止めを塗る、ビタミンを摂取するなどのケアをするようにしましょう。

page top