ハイドロキノンクリームの美白効果とその働き

ハイドロキノンクリームの美白効果とその働き

 

ハイドロキノンは皮膚科で処方されることもある医薬成分です。シミなどの除去に効果があることが確認されていて、美白成分として美容化粧品などに含まれるケースもあります。

 

ポイントになるのが成分量で、化粧品として利用する場合は一定量までしか含めてはいけないなど規定があることです。成分が濃ければ良いというものではなく、余りに濃すぎれば肌に悪影響が生じる場合もあります。美白成分として強力な分、副作用が生じる可能性もある成分なのです。

 

予防ではなくシミを消すことが可能な成分

 

ハイドロキノンは美白効果が確認された成分で、紫外線が原因のシミの除去や、色素沈着の治療に使われる場合があります。ハイドロキノンはクリーム上になっていて、使い方は患部に塗る形式が一般的です。塗り方自体に工夫をする病院なども存在し、独自のノウハウを蓄積している美容クリニックなども存在します。

 

注意したいのは美白成分として強力な分、副作用などが起きる可能性も高くなることです。体に急激に作用する薬であれば、それだけ別な面でリスクが生じる可能性が高まります。作用が強力でしかも安全というシミの特効薬のような薬品ではないのです。

 

まずは一回でシミが取れるということはほぼないということ、利用に注意が必要であることに理解が必要です。

 

ハイドロキノンクリームは市販品はおすすめできない

 

ハイドロキノンはハイドロキノンクリームとして処方されたり、市販されたりしています。今ではドラッグストアなどでも購入することはできますが、皮膚科か美容クリニックでのみ処方されていた時期もありました。

 

ハイドロキノンは効果が強い分、使い方を誤まれば健康に悪影響を与える可能性が高くなります。管理も重要で、製造から時間が経過すると品質が劣化して効果が薄れたり思わぬ悪影響を受ける可能性も出てきます。

 

やはりハイドロキノンを使う時に一番気を付けたいのは冷蔵庫で保管することです。しかも、一度開封したものは1か月で使い切らなければなりません。また、ドラッグストアなどで購入すると購入時点で品質が劣化していることもありますから、製造元のメーカー公式サイトで購入するこのが一番安全です。

 

ハイドロキノンは赤み、腫れ、ひりひりするなどの副作用もありますが、安定化に成功している副作用の少ないものを販売されています。

 

化粧品に含まれる量は限られている

 

ハイドロキノンは美白成分として効果が確認されています。そのため、美白化粧品などに使われるケースもあり、シミが気になる人にとってうれしい成分になっています。注意したいのは、美白化粧品などとしてハイドロキノンを加える場合は、成分の上限量が決まっていることです。

 

成分の上限量が決まっているのは、上限を規定しないと実質的に薬と変らないものができてしまう可能性が在るためです。化粧品に含まれる量はあくまで副作用のリスクが少なく、安全性が確認された範囲になっています。

 

ハイドロキノンを含んだ化粧品と、ハイドロキノンそのものは濃度や扱いの差などに違いがあるのです。ただし、化粧品に含まれたものの方が安全性が高く、使いやすいというメリットもあります。

 

アフターケアも重要

 

ハイドロキノンはシミを薄くするなど、美白効果が強い成分です。ただし、副作用以外の欠点も存在します。これは色素の除去効果が強い分、肌が紫外線に対して弱くなってしまうことです。

 

いくら色素を薄めることに成功しても、その後に再度色素が沈着すれば無意味になってしまいます。ハイドロキノンでシミの除去を目指す場合は、肌を守り、あたらなシミを作らないことを前提で考える必要があるのです。

 

UVカットの化粧品を利用することや、ハイドロキノンを使った化粧品などを使った後は出かけないようにするなど、行動をセットで考える必要があります。

 

アフターケアを怠れば状況が悪化する可能性もあるため、ただ使えば美白になるというものではないのです。美白化粧品を利用する場合も同様で、UVケアまで視野に入れないと効果を実感し辛いのです。

 

ハイドロキノンクリームが試せるトライアルセット

 

ビーグレン ホワイトケア トライアルセット


効果が高く人気のビーグレン。浸透性の高いハイドロキノンで美白ケアを徹底します。

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアルキット


肝斑にも効果が高いハイドロキノを配合しています。副作用の少ない安定型ハイドロキノンを採用しています。

page top